トレンドものを身につけていればおしゃれな50代になれるのか

いつも流行りのアイテムやブランドを身につけたり持ち歩いたりしている知人がいる。

いや、本当に感心するくらい「若い子の間で流行ってるやつ」や「美容院の雑誌で見かけたブランドの新作」などを持っているのである。そういう人のことを世間では「おしゃれに敏感な人」と呼ぶのだろうか。

例えば、ファー付きサンダルを履いていたり、

 

ダニエルウェリントンの時計をしていたり、

漁師さんみたいなネットバッグを持ってたり、

 

とにかく見るたびに毎回違う物を身につけていて感心させられる。そもそも、それらがトレンドなのか見極められる自信はないが。

しかし、そういう彼女に(ホントゴメンなんだけど)「センスがいい」という感じがしないのである。

似合う似合わないという問題でもない。「あ、流行ってるやつだね。」としか思わない。こんなこと言う私何様かよって感じだけどこのまま突き進むことにする。

ここで、センスとはなんぞや?と思ったのでググってみたら、「思考や知識の蓄積による判断力」みたいな感じである。

1 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。
2 判断力。思慮。良識。

引用元:コトバンク

 

そうかわかった!彼女には自分のスタイルがないのだ。

例えば友達と買い物してて、「これって貴方っぽいよね」って言ったり言われたりすることがあると思うけど、そういう「っぽい」のを感じないのよ。

この「っぽい」ってすごく大事だと思う。自分っぽいっていう感じ。これこそが「自分のスタイル」であり、自分らしいおしゃれの基本ではないか。

そこにトレンドをどれくらい取り入れたら自分っぽさを崩さずに今っぽくなるのか、そういうことを考え試行錯誤を繰り返しながらセンスは身につくのよね。

トレンドを意識しておしゃれに敏感になるのは良いことだ。ファッションは常にアップデートしないと古臭くなる。

だけど。

50歳を過ぎてトレンドだけを身につけて「自分がない」のは避けたい。おしゃれな人と言われるよりもセンスのある人と言われたい。

そして、公私ともに認める「自分っぽさ」を持っていたいと思う。

ブログを書いてる人

rierie
rierieWebプロデューサー、コンサルタント
生まれも育ちも東京下町のシニア世代。マーケティングとテニスとチョコレートが好きです。酒豪と思われがちな下戸です。好き勝手なことを書いてます。