準備ができてからでは遅いかも?ひとり起業に大切なこと

 

 

ひとり起業というのは、つい独りよがりな「思い」だけで突っ走ってしまいがち。ビジネスとして成り立つか?の視点が抜け落ちてしまいます。(←わたしも経験者)でも、突っ走るならまだ良いほうで、前に進まない人もいます。

 

あれやこれやと考え過ぎると、ちっとも前に進みません。そういう人は頭でっかちになってしまい、完璧を求め過ぎる傾向があります。

「まだこれができていないから」

「ここが理解できていないから」

「◯◯の資格を取ってから」

・・・

こんな風に『準備ができてから』と言う人が多いのですが、それでは遅過ぎます。たぶん、これだと一生始められないかもしれません(爆

 

なぜかというと、これらの理由はすべて『自分目線』だからです。『やらない理由』になってしまい、『失敗したらイヤだ』という気持ちになってしまう。

はじめはだれでも自信なんてありません。だから、資格を取らなきゃとか、勉強しなきゃとなるわけですが、それが本当にお客様のためになることなのでしょうか?

 

悩みを解決したい、心地よくなりたい、快適に過ごしたいなど、『お客様の◯◯したい』を叶えてあげることが、わたしたちの仕事です。

そのための準備ももちろん必要ですが、本当に必要なのは経験です。経験は『やるかやらないか』です。やらないと何も始まらないのです。

 

[adrotate group=”3″]

 

ブログを書いてる人

sophia
sophia
東京生まれ下町育ち。
専業主婦からWebプロデューサー、コンサルタントへ。「なぜ売れるのか」「なぜ行列なのか」「なぜ買うのか」など女性の購買心理を考えるのが好き。趣味テニス、SNS