女性が社会で活躍イコール「起業」じゃなくて「企業内の活躍」が先でしょ

 

首相官邸のホームページの中に、「すべての女性が輝く社会づくり」というページがあります。

こんなページも。

輝く女性応援会議

 

こういうの、最近気になり始めた。自分のことじゃなくてインターンシップが始まった娘の仕事人生を考えてしまうからだ。

 

わたしはフリーで仕事をしているので女性起業家と名乗る方々とお会いする。プチ起業とかママ起業という感じの方々なのだが。

そういう方たちを丸っと応援する方々もたくさんいる。女性起業家を育成するとか、プチ起業の人のスキルやマインドを底上げするとか。

もちろん、それはそれでとても良い取り組みだと思う。

 

ただ、輝く=起業 というようにすぐに結びつかないのである。

企業の中で働くすべての女性が活躍できる機会を与えらる社会になることで、輝ける女性は多いのではないか?と思う。もちろん、起業することで輝けると思うけれど、数的には少ない。

 

わたしは男女機会均等法が施行された年に社会人になって、ほどなくして育児休暇制度というのができたわけだけど、そんな法律や制度なんてどこにあるんだ?っていうのが現状だった。

だって特別休暇(生理休暇)でさえ取りにくかったんだから。勇気あるSEの女性が産休を取った時は本当に尊敬したけど、一般職で産休なんてあり得ないような現状だった。

 

でも、30年近く経過した現在でも、あまり現状は変わってない気がする。いや違う。表向きは180度変わったけど、おじさま世代の考え方がほとんど変わってない。

30代40代の比較的若い男性だって、「寿退社」時代の親に育てられて教育されてきていれば、叔父樣方と同様の考え方をする人もいるかも。

 

ワークライフバランスなんて甘っちょろい。ブラック企業?オレたちなんてずっとブラックだよ。休日出勤なんて当たり前だろ。サービス残業?残業っていう概念なんてないね。

という企業戦士だった方々には、今のイクメンとかイクボスという考え方に抵抗があるのは当然だよね。だって、休日も返上して身を粉にして働いてきたからこそ、今の経済があるわけだし。

否定をするどころか、そこには感謝しか無い。

ただ、その陰で放っておかれた家族はちょっと悲しかったりすると思うけど。オレの稼ぎで食わせてやってる的な考えは、昔であってもわたしは反対だし。

 

ちょっと話しがタイトルからズレまくったので修正しなくちゃ。

 

とにかく、働いている女性はどこかの企業に属していたり、ほとんどの学生はどこかの会社に就職するわけで、それで働きにくいから「起業」を選ぶというのは安易かなと思う。

働きにくさは、小さな会社であっても大企業であっても、女性が、というより社員のパフォーマンスを向上するための施策や、風通しの良いマネジメントで改善してほしいし、働く側も100%受け身ではなく自分で出来ることはなにか?も考えないといけないのかも。

 

起業家を育成するのも良いけど、企業を育成するほうが先だと思うけどな。

 

関連記事:ファザーリングジャパン・イクボスプロジェクト

 

Follow me!