女性起業家って『自分らしく』っていう言葉が好きだけど、それってどういうこと?

外出先でトイレを探していると想像してみてください。

すると、こんなものが目に入ってきました。

スクリーンショット 2013-12-25 13.58.04

 

どちらの表示板の方に入りますか?わたしは女なので、迷わず赤い表示板の入口に突入です。

でも、ちょっと待ってくださいよ。よく見ると赤い方には男、青い方には女と書いてあります。

あらら?赤が女で、青が男じゃないの?って感じ。

実際にはこんなわかりにくい表示板はないと思いますが、誰が最初に決めたのか『青=男』『赤=女』というのが世間の常識。

 

こういう世間の常識って、仕事をしていく上でもよくあります。例えばウェブもそのうちのひとつです。

・起業したらホームページが必要

・ほとんどの女性起業家がアメブロをやっている

・ビジネスではFacebookを使うべき

・ブログを書かなければいけない

・ワードプレスじゃないといけない

etc…

 

起業したら、ウェブ活用は必ず着手しなければならないことでしょうか?

ブログを書かなければいけない?

ホームページがなければいけない?

ワードプレスじゃないといけない?

これは、YESでもあるしNOでもあります。事業内容、事業の目的や形態によって、どのように使うか、どの程度のものを用意したらいいかが微妙に違うのです。

 

『自分らしく』という言葉がありますが、多くの人がしている方法を使わないで『自分らしく』仕事をするならどうするか?そんな風に考えてみるのも時には必要です。

例えば、赤い蛇口から冷水が出てもいいじゃないか!っていうくらい、世間の常識をまったく無視するようなアイデアや考えも、自分の中だけならアリだし、もしかしたら、そこに大きなヒントがあるかもしれません。

 

同業の人はたくさんいるかもしれませんが、経営者の数だけオリジナルのビジネスがあります。だから、誰かと同じことをする必要はないとわたしは思っています。

もちろん、今のご時世ウェブサイトくらいは持っていた方が良いというのは確かにあります。でも、今流行っているのがこの方法、成功事例があるからこの方法というような、誰かと同じ方法でなければ成功しないなんてことはないのです。

 

確かに、世間の常識通りに行動していれば、大きな失敗も、トラブルにも合わないで済むでしょう。

みんなと同じことをやっていれば、誰かの言う通りにしていれば、失敗しても自分の責任ではないと言っちゃえるかもしれませんしね。

でも、それで良いわけありませんよね。

 

自分はどうしたいのか?どうなりたいのか?それには何が必要か?を常に考えるクセをつけておくと、たくさんの意見に振り回されることがなくなります。

もちろん、他人の意見を聞く耳は、ちゃんと持っていたいですけどね(^_^)

集客相談

今お持ちのお悩みをお聴きして、具体的な改善点をお伝えします。