最近飽きてきた人気の占いについて勝手な考察

「彗星のように現れた」キノコの占い、相変わらず人気ですね。大絶賛している人が多いようで、自分の星座をSNSで「当たってるー!」とシェアしてる人多数。

私も3ヶ月くらい読んだよ。最初は「すごい!当たってる!」と思ったけど、しばらく読んでると「こういう納得感を感じる文章を書けるってすごい」という、少々へそ曲がりな別の観点で見るようになった。

「当たってる」と思ってしうまう文章の作り方、すげーって感じ。

「あなたのこと知ってるよ。こんなことで悩んでいるけど、本当はこういう素敵な才能がある人なんだよね。」という、包容力、理解力が優れていて「あなたを全面的に肯定感120%」な文章が多くの女性に支持されているのではないか。

こんな文章を毎週読めば、たちまちキノコさんが好きになる。大ファンになるに違いない。

そして、あまりにみんなが絶賛し自分の星座をシェアしているの見ると、「自分のことを理解してほしいと思ってる人が多いんだな」と思うのである。

読者が幸せになるならいいと思う。でも、私は冷めてしまった。残念だ。

 

そんな折、私の友達がこんなコメントとともにシェアしてたのを見て、へそ曲がり同志がいるじゃないか!と小躍りしたくなった。

「全然しっくりこないんだけど。しいたけ(あ言っちゃった)おせーよって感じ。」と。

おお!「おせーよ!」

そうなのだ。私たちには、キノコ(もういいか)の情報は遅いのである。

「あなたは本来こういう素敵な人だから、これからはこんな感じになるよ。」というテイの文章だから、自分のことを客観視できてる人には新しい情報ではないのである。

「おせーよ」と思ったという友達に聞いてみたところ、「自分の今を生きられていない人に向けてるって感じがする。 だから大多数の人にはしっくりくるんじゃない?」とのことだ。

なるほど。それはあるかもしれない。

今を生きられてない。自分のことがわからなくなっている。だから、キノコ(もういいか)に優しく琴線に触れられて「うおー当たってる!」となるのではないかしら?

そうか、今を生きられてない人、自分のことがわからなくなってる人にとって役に立っているのか。そういう人たちが幸せになれるきっかけになっているならいいな、うん、いい。

でも、老婆心から言わせてもらうと、いつまでもキノコに依存していたらヤバいかもしれない。

キノコおせーよ。

と冷めた目で読めた時、今の自分を生きていけるようになるのかもしれないね。