百貨店の店員の対応が一昔前から比べて低下しているのは全国的なのか?

昨日、今年から社会人となる娘へのお祝い(学費が終わるお祝いともいう笑)に名刺入れを買いに銀座へ行った。

名刺入れはメンズの革小物売り場が豊富&ちゃんとしたモノがあるだろうと想定したら正解で、◯急メンズ館でイメージ通りのものが見つかった。

「中が赤でも、出すときは自分に向けてるのでそんなに気にしなくても大丈夫ですよ」など、良いアドバイスをくれる店員さんだと思ったのだが…

この赤はよく見るとまだら模様に染めてあり、わたしたちはそこも気に入ったのだけど、展示品と出された模様が違うので他のも見せてほしいとお願いした。

在庫が入ってる引出しを開けて探してくれるも、品番順に並べてないのかアッチコッチ見たあげく、結局なかったのか見つからなかったのか…

ないなら仕方ない。オットはこれも良いと言うし。

ではお会計となり、包装紙の色2色とリボン3色の見本を見せられ、リボンは何色にするか聞かれたので「赤で」と答える。

しかし包装紙の色は聞かれず???まぁいいかと待ってたら、ゴールドのリボンが結ばれてきた(o_o)

それなのに店員さんは何も言わずにコトを進めているので、赤とお願いしたことを伝えたら切らしていると言う。

 

【おばちゃんのお小言】

①在庫品はすぐわかるように整理しておけ

②他の色のリボンで良いか確認せよ
お祝いの品はお客様の心がこもってるんだしリボンの色にこだわる人もいるのよ(わたし)

③この季節は贈答品も多いのに、売り場としてリボンを切らすなんて老舗百貨店としてどうなの

ネットで簡単に買える時代、わざわざお店に足を運び、吟味して買うお客様を大切にしなきゃ。しかもプレゼントなのよ。

▼▼▼

はい。全て自戒です。外に出てお買い物するって本当に勉強になりますね。

昔は老舗デパートの店員はホテルマンや銀行の窓口と同じように、厳しい教育を受けた方ばかりで、その証拠に素晴らしい接客をしたものだ。

最近は店員の私語が多いのも気になる。

一部の問題多き外国人ばかり対応しているから、接客の勘が鈍っているのだろうか?必要以上のサービスは求めていないけれど、お客様に気持ちよく買い物してもらうために、何をどうするのか?現場でどのくらい機転が効くか?は、キャリアであり仕事のうちではなかろうか?

 

名刺入れはオットからのプレゼントで、自分も使っているコードバンのものと決めていたようである。

made in Japan。男社会、縦社会の業界だからちゃんとした物を持つの大事。

わたしからは初オーダーメイド枕をプレゼントする予定。

がんばれフレッシャーズ!!