自分のレベルやステージをアップするためにするべきこと

ダチョウは敵が近づき恐れを感じると砂の中に頭を隠してしまうそうです。敵が見えなくなれば、そこには敵がいないということになる。

恐れは最初から見ない、見なければ怖くないし、危険な目に合わないということ。

どんだけ臆病なんでしょうか(笑)

何かを始めたり決断するときには、どんなメリット、デメリットがあるのか?どんなリスクを背負う可能性があるのか?いろいろなケースを想定するととても心配だし不安。

でも、メリット・デメリット・リスクは何を選んでも漏れなく付いてくることですよね。それは誰にでもあることで、あって当たり前とすべてを想定して前に進む方を選んだ時、自分の中で大きな変化が起こっています。

その変化は、自分がなりたいと憧れている未来の自分像へつながっています。恐れに立ち向かっていくと、自分がどんどん変わっていくことに気づくのです。

とまあ、抽象的な言い方ばかりでなんだかわかりにくいですね。「自分が変わる」というのは具体的にどういうことが起こるか、私の経験ではこんなことが起ってきました。

1 行動範囲が変わる。
⬇️
2 付き合う人が変わる。
⬇️
3 着る服が変わる。
⬇️
4 仕事の内容が変わる。
⬇️
5 お客様が変わる。

自分が変わると言っても、何も行動を起こさず心で思っているだけで受け身では何も変わりません。世の中そんなに甘くない(笑)

そこで、1〜5の「変わる」は実際にどんなことをすればそうなるのかを紹介します。

1 行動範囲が変わる

手っ取り早く変化を感じるには新しい場所に身を置いてみることです。今まで参加していたコミュニティや場所とは違う場所です。

行動範囲を変えることから、「自分が変わる」ための全てがスタートすると行っても過言ではありません。

今までは女性ばかりが集まっている講座やセミナーに参加していたのだったら、男性が多いセミナーに行ってみるとか、同業他社が集まるところではなく異業種が集まるイベント、起業家ではなく会社員が集まるコミュニティ、個人事業主ではなく法人の経営者が集まる場所、etc…

それから、今まで興味があるのになかなか足を運ばなかった展示会や展覧会などもにも行きました。目に見えるものを変えるだけでも、新しい発見がたくさんあるのです。

自分に適切な場所や環境かは行ってみないとわかりません。いろいろな人と会って自分の価値観を変えるくらいの意気込みが必要なのです。

そのためには、今まで少し敷居が高いなと感じているところに身を置くことです。アウェイ感を感じるかも?と思うくらいがちょうど良いです。

2 付き合う人が変わる

行動範囲が変われば、当然今までとは違う人種(というと大げさ?でもホント)やタイプの人と出会えます。考え方やものの見方など、刺激になるし学ぶことが多くなります。

もっと言うと、付き合う人のレベルが今までとは格段にアップするということです。それだけ自分が変わったということなんですね。

3 着る服が変わる

これは、無意識にそうなる場合もあるし、もしあなたが服に興味がないのだとしたら意識的に変えることをおすすめします。

付き合う人も自分もランクアップするのですから、当然それにふさわしい服装でないと違和感を感じるはず。誰とどこで何を目的に会うかということを考えて服を選ぶこと。(女性はメイクも)

外見はとても大事です。特に男性はファッションなんて、おしゃれなんてチャラいと思うかもしれないですが、価値ある中身を見てもらうためのきっかけとして、外見はとても重要なのです。

4 仕事の内容が変わる

ここまで変わると、必然的に仕事の内容も変わってくるのです。自分がやりたかったことに出会ったり、チャレンジだけど頑張ろうと思うチャンスが巡ってくるようなことも起こります。

そうなると、今まで出会ってきて信頼関係を気づいてきた「人」とのつながりがとても大切になってきます。プロジェクトやコラボで仕事の内容に深みや発展性が出てきて、やりがいもアップするのです。

出会う場所、出会う人が変われば当然そうなりますよね。着る服だって、自分の第一印象に影響を与え業界や職種によっては仕事内容に影響が出るとても重要な要素だからです。

5 お客様が変わる

仕事が変われば当然お客様も変わります。誤解を恐れず言うなら、お客様のレベルが上がるということです。

仕事の内容が自分にとってチャレンジだとしたら、お客様のレベルも上がるわけですから求められることも今までとは違います。

 

以上です。ここまで来れば、もうだいぶ自分の周りの環境も変わり、自分自身の考え方や意気込みも変わってきているのが実感できるはず。

もちろん、良いことばかりではないです。でも、自分を変えることは自分のレベルやステージをアップすることです。少なくとも行動を起こす前の自分や環境とはまったく違うステージに上がっているのです。

ブログを書いてる人

sophia
sophiaフリーランス
Rie Mochizuki
1964年 東京生まれ下町育ち。
学生時代からアルバイト料やお給料をほとんどおしゃれに費やすほどファッションが好き。
50代の今は少しずつ断捨離しながら自分の好きなものだけで暮らすことを目指している。