イエベとかブルベとか似合うとか似合わないとかより大切なこと

私が知る「スタイリスト」という職業は、企業やモデルや芸能人が顧客であった。でも今は、「パーソナル」という言葉を前につけ、一般人向けにもサービスを提供する人も増えてきた。

これまで、一般人向けにファッションのアドバイスをする人は販売員、店員しかいなかった。その人たちは自社で扱う商品を売るための「売り子」の役割でしかない。

でも、パーソナルスタイリストは違った。商品を売るのが目的ではなく、着る人の満足度を高める役割を持っている。(と私は思っている)

だけど、実態はどうなのかと疑問に思うことが多い。

というのも、パーソナルスタイリングを提唱する個人、団体、協会は、ほとんどが独自のメソッドでスタイリングしようとしているからだ。つまり、「型にはめる」のである。

カラーコーディネーター、カラーアナリストという職業も同じで、肌の色をイエベ(イエローベース)とかブルベ(ブルーベース)で分け、さらに「春・夏・秋・冬」と4つのパターンに分けて「似合う」「似合わない」を分類されるのだそうだ。

そういうサービスを受けた友達がどうなったかというと、余計に悩んでいるという有様。

私はファッション大好きだけどファッションというものを学んだことがないので「これなら」というところで学んでみたんだけど、「なんだ結局は型にはめられるのか」という結末が見えてしまったのだった。

「自分が着たい服や好きな服は似合わない」ということをまず知り、「ではどうしたら似合うようになるか」を掘り下げていくまでは良かった。

だけど、結局は「どうしたら似合うようになるかを知るための型にはめられてしまう」のだ。「こういうのが似合わない人はこうする」という型にはめられても違和感が残った。

「この服はこういう風に着たいんじゃないだよな。」とモヤモヤするのだ。「あなたに似合わないこの服を似合うようにするにはこう着れば良い」という提案に納得がいかない。

ではどうすればいいのか。

「着たいけど着られない」

この気持ちに向き合うことが大事なんじゃないのか。ここに向き合ってあげられるスタイリストが必要なのではないか。

独自メソッドを作りたくなるのは、それで稼ぐためだと思う。一つ型を作れば、それを「資格」として提供できるから。

着る服で悩んでいる人の問題解決に必要なのは、そういうメソッドでも資格でもない。本人が「着たい服を着たいように着られるようになる」ことなのだ。そう、マインド、気持ち。そこが原点なんだと思う。

その上で、「どう見られたいか」「こういうシーンではどういう装いがいいか」というアレンジ力が備わっていくのではないか。

 

 

 

 

ブログを書いてる人

sophia
sophiaフリーランス
Rie Mochizuki
1964年 東京生まれ下町育ち。
学生時代からアルバイト料やお給料をほとんどおしゃれに費やすほどファッションが好き。
50代の今は少しずつ断捨離しながら自分の好きなものだけで暮らすことを目指している。