いつもトレンドものを身につけていればセンスがいい人になれるのか

同じ年代の知人(50代前半)に、いつも流行りのアイテムやブランドを身につけたり持ち歩いたりしている人がいる。

いや、本当に感心するくらい「若い子の間で流行ってるやつ」や「美容院の雑誌で見かけたブランドの新作」などを持っているのである。

そういう人のことをを「おしゃれに敏感な人」と呼ぶのかもしれない。

例えば、ファー付きサンダルを履いていたり、

 

ダニエルウェリントンの時計をしていたり、

 

漁師さんみたいなネットバッグを持ってたり、

 

私が「トレンドだ」とわからないものもあると思うのだが、とにかく見るたびに感心させられる。

しかし、「おしゃれに敏感な人」とは思うが、真似したいとか参考にしようと思ったことがないw

こんなにトレンドものをいつも身につけているのに、ホントゴメンナサイなんだけど「センスいい人」という感じがしないである。

似合う似合わないという問題でもない。「あ、流行ってるやつだね」としか思わない。

ここで、センスとはなんぞや?とググってみた。

ググった結果→https://goo.gl/Cczhsjをサーっと見てみると、どうやら、「思考や知識の蓄積による判断力」みたいな感じである。

1 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。
2 判断力。思慮。良識。

引用元:コトバンク

 

 

知人はいつもトレンドのものを身につけているが、「自分のスタイル」がないのだと思った。

例えば友達と買い物してて、「これって〇〇ちゃんぽいよね!」って言ったり言われたりすることがあると思うけど、そういうのがないというかなんというか。

この「ぽさ」ってすごく大事だと思う。自分ぽさ。

これこそが「自分のスタイル」であり、おしゃれの基本なんだと思う。

そこにトレンドをどれくらい取り入れたら自分ぽさを崩さないかなど、そういうことを考え試行錯誤を繰り返しながらセンスは身につくのだ。

トレンドを意識しておしゃれに敏感になるのは良いことと思う。ファッションは常にアップデートしないと古臭くなるし。

だけどだ。

私は、50歳を過ぎてトレンドだけを身につけて自分がないのは避けたい。おしゃれな人と言われるよりもセンスのある人と言われたい。

そして、公私ともに認める「これは私っぽい」という「自分のスタイル」を持っていたいと思う。

 

ブログを書いてる人

sophia
sophiaフリーランス
Rie Mochizuki
1964年 東京生まれ下町育ち。
学生時代からアルバイト料やお給料をほとんどおしゃれに費やすほどファッションが好き。
50代の今は少しずつ断捨離しながら自分の好きなものだけで暮らすことを目指している。