自分に不利になってない?Facebookでシェアのお願いが来たら気をつけたいこと

これをお読みの方には経験があるかな?起業仲間や知人から、Facebookでセミナーや講座の紹介をしてほしいってお願いされること。

そう、メッセンジャーで来る『シェアのお願い』。

Facebookの投稿を見ていると『あ、これ頼まれたんだな』と匂うものがあります(笑)だいたい投稿文見るとわかっちゃうんですよね〜

 

特に興味ないのにシェアの依頼されたら?

わたしへの依頼は最近なくなりましたけど、もし親しい友だちからの依頼だったらもちろん喜んでシェアしますよ。

だけど、それほど親しくない人からの依頼や、まったく興味のないイベントやセミナーのシェアだったらどうしてます?特に、断りにくいビミョーな関係の人からのシェアのお願いって、正直困りますよね(汗)

 

わたしは、『応援したい』『紹介したい』と思うものだけをシェアする、と決めています。文章って気持ちが表れるもの。頼まれて仕方なくとか、利害関係を意識したものって分かる人にはわかりますよ。

中には、予め『例文』を作ってお願いする人もいます。それはとても親切なのですが、内容は往々にして依頼した本人に都合の良い文章である場合が多いです。

 

シェアする内容は自分のブランディングにつながる

シェアする内容によっては、自分のブランディングに影響が出る可能性もあるので注意が必要。

たとえ話で説明しましょう。

わたしがウェブ制作をしている知人から、『ゼロから学ぶワードプレスの基礎』という講座のシェアの依頼を受けたとします。以下のようなシェアの文章も用意してくれています。

『お友だちの◯◯さん(タグ付け)が、ワードプレス初心者さんのために講座を開催!わたしも参加して学びます!一緒にいかがですか?』

 

わたしはこのままシェアできません。ワードプレスの基礎を学び直します!なんて公言するのはイヤです(笑)

わかりやすいように極端に書きましたが、結構これと似たような投稿をFacebook上でよく見かけるんですよ。

もしシェア依頼をされた時は、前もってセミナーの内容、対象者、自分がシェアをする意味を考えてくださいね。そうしないと、自分にとって不利な印象を残すだけになる可能性がありますから。

 

シェアする人依頼する人両方にメリットがあることが鉄則

自分が納得してシェアをするなら、できるだけ『頼まれた感』がないような文章にするのが依頼した相手への思いやり。

名前のタグ付けは、臨機応変に。文章は、自分の目線で『どこがどうおすすめなのか』を書くと、相手も見る人にもメリットがありますよね。

文章は必ず自分でを考えたものを、責任を持って投稿しましょうね。自分の文章を使わせてくれないなら断っても良いと思いますよ。

そもそも、お願いしなければ人数が集まらないのなら、そのコンテンツに魅力がないか、準備不足の可能性も考えられますし(自戒^^;)。

 

心から良いと思ったものは、頼まれなくても勝手にシェアしたり応援したりするものですし、そういう気持ちが自然に湧いてきます。

シェアをするということは、自分の大切なFacebookの友だちに向けておすすめをするということです。そして、依頼してきた人の集客のお手伝いをするということです。

逆に、もし自分がだれかにシェアを依頼するときは、先方の立場を良く考えてお願いしましょうね。決して相手が不利にならないように配慮をする。それが、ビジネスマナーではないかしら?

ブログを書いてる人

もち月りえ
もち月りえウェブ&ブランディングコンサルタント。フリーランス。
ウェブが苦手な小規模事業者、経営者にウェブ集客の本質を伝え、ブランディングに繋がる発信をサポートしている。戦略的な外見ブランディングのため「装力」を勉強中。
趣味はテニスとゴルフとピンタレスト。最近は大人のピアノに挑戦中。
ウェブ集客のブログ:https://salonese-kigyo.com/

集客相談

今お持ちのお悩みをお聴きして、具体的な改善点をお伝えします。