メッセージありでも却下したいFacebookの友だち申請

Facebookの友だち申請問題。

メッセージありの友だち申請であっても、明らかに主旨が「自分のPR目的」であろう人はわかります。

 

友だちではなくカモとして繋がりたいのが見え見え

 

先日こんなメッセージとともに、ある女性から友だち申請がありました。

 

挨拶と肩書き
(個人事業主向けサービス)

急なメッセージ失礼させて頂きます。
もち月さんの投稿を見て大変共感する部分が多かったので、思いきってメッセージしました。
とても素晴らしいですね。

また写真からお人柄が伝わってきますね。
リアルを含む共通のお友達がおりましたので、ご縁を感じている次第です。
せっかくのご縁ですので、もしもご迷惑でなければお友達申請させて頂いて宜しいでしょうか?
もし宜しければ、ぜひお友達としてFBで交流させて頂けましたら嬉しいです。
・・・

以上

この文章、おかしいです。読んでて違和感たっぷりです。

わたしの投稿のどこに共感したのか?
何が素晴らしいのか?
写真でどんな人柄だと思ったのか?

まったく分かりません。わたしをカモとして見ているとしか思えません。

それに、共通の友だちがいるからって、そんなのFacebookでは特別なご縁じゃありません。Facebookなんてそういうもの。

もしもご迷惑でなければ・・・いいえ、迷惑です!!(怒)

 

念のためタイムラインに行ってみましたが、交流したいという内容のものではありませんでした。

どんな内容かというと、よくあるグループコンサルの風景ばかりです。どこかのホテルのラウンジで数名でコンサルタントとおぼしき人物を囲み、自撮り。そして、その師匠?をベタ褒めしている投稿ばかりが並んでいました。

まだこういう人たちがいるんですねえ。。遠い目(-_-)

このような投稿が自分のフィードに上がってくるなんて絶対にイヤですので、承認は削除、メッセージも削除しました。友だち失いそうですよねえ・・

 

お客様が見たらどう思うか?

 

もし、そんな投稿をお客様が見たらどう思うか?という想像力と客観的視点はとても大事です。

それと、よくFacebookで『起業家向けの集客コンサルやセミナー』を「わたしも参加します!」っていう投稿を時々見かけますが、シェア依頼されたとしてもよく考えたほうが良いと思うんですよね。

なぜかというと、すでにその道のプロで活動している(またはそのように見せている)のに、『まだそんなこと学んでるんかい!』って思われちゃうかもしれません(苦笑)学ぶのは良いんですけど。

それに、常識あるコンサルタントだったら、自分のクライアントに不利益になるようなことはさせません。

 

タイムラインは、自分が何者か、どういう考え方を持っているのか、何に興味があり、どういうことに共感しているのかを表現する場所です。

前述の方も集客に悩み、甘い言葉と煽りに負けてこのような質の悪いコンサルタントに引っかかってしまったのでしょう。

でも、それは自己責任です。本当に自分のことを応援している友だちなら、苦言をもらえるかもしれませんし、自分でも『何かおかしい』と思ったら、思い切って友だちに自分の言動を見てもらいましょう。

最終的には『これは違う』と自分で気づき、やめる選択をするしかないのです。

 

Facebookは拡散力があり、ビジネス目的のツールとしてわたしも使っていますが、使い方を間違えると信用をなくします。常に自分を客観視できるようになっておきたいものです。自戒も込めて。

 

この記事もどうぞ→メッセージなしの友だち申請どうしてる?Facebookの常識非常識

Facebookの友だち申請を却下するとき

ブログを書いてる人

もち月りえ
もち月りえウェブ&ブランディングコンサルタント。フリーランス。
ウェブが苦手な小規模事業者、経営者にウェブ集客の本質を伝え、ブランディングに繋がる発信をサポートしている。戦略的な外見ブランディングのため「装力」を勉強中。
趣味はテニスとゴルフとピンタレスト。最近は大人のピアノに挑戦中。
ウェブ集客のブログ:https://salonese-kigyo.com/

集客相談

今お持ちのお悩みをお聴きして、具体的な改善点をお伝えします。