ブログ集客はみんなに好かれる優等生になってはいけない

 

よくFacebookでシェアされている、個人の人気ブロガーさんの記事。人気なだけあって、やっぱり面白いな〜と思います。「なるほど!」「そうだそうだ!」という共感や賛同の気持ちがかき立てられるのが面白さの秘訣ですね。

そういうブログには集客力がありますしね。

なぜ、そんなブログが書けるのかな?自分も書いてみたいなって思いませんか?

わたしな人気のブログには、以下の共通点があることに気がつきました。

 

・人の気配がする

・優等生のような内容でなない

 

この2つの共通点が人気の秘訣なのでは?と。

 

 

人の気配がするブログとは?

 

人の気配と言っても、集合写真や自撮り写真がバンバン貼られたブログとか、「◯◯さんと打合せちう」とか、「これから◯◯さんのセミナーが始まります!」とか、そういう記事ではありません。

どうしてもそれがしたいなら、リアルタイムで情報が流れるFacebookで十分ではないかと思います。

 

同じ情報発信でも「ブログ記事」は、SNSとは違うと心得た方がいいです。

どんな人が書いているのかプロフィールを読まなくてもなんとなくわかるような文体だと、人の気配がします。

個人のブログが企業のブログと一線を画すポイントは、ここだと思います。自分のブログで自分らしさをドンドン出して良いわけです。

仕事中の自分を客観的に見て、どういうスタイルが合っているのかを見極めることも必要です。しゃべり口調でカジュアルに書くのか、ですます型で真面目に書くのか、書き方も含めてブランディングにつながります。

 

そして、ブログを書いている人が実際に経験したことや見たことが事例となっていることがとっても大事です。そういうブログは人の気配を感じさせます。誰かの文献や他人のブログの引用ばかりでは、書き手の魅力は伝わりませんし。

みんなに読まれているブログは、書き手の主張がハッキリしているのです。

決して万人に好かれるような書き方をしていないし、内容も自分の考えをしっかり述べていますよね。やはりここでも「人の気配」なわけです。

 

 

優等生みたいなブログはつまらない

 

急にFacebookの話しになりますけど、Facebookって「素敵です!」というコメント多くないですかね(笑)

それだけみんな「素敵な」写真や文章を投稿しているんですけどね。どれも同じような投稿でつまらないなあ、と思うことがあります。

みんなが「いいね!」と思うような内容は当たり障りのない内容である場合もあるのです。もちろん、中には「超いいね!」したい内容もありますが。

 

ブログでも同じです。

当たり前のことやきれいなことは、さら〜っと流されてしまうのです。だってわざわざ書くほどのことじゃない、読み手が既に知ってることだからです。

少々みんなとは違う見解でも、それが自分のビジネスの根っこにあるならば書くべきです。というより書かなくてはいけません。

当たり障りのない言葉だけで自分の言いたいことを主張しても、本当に届けたい人には届きません。かといって、辛口にする必要はないですよ(笑)

特定の人を誹謗中傷をするのはいけませんが、優等生になる必要はないということです。

 

 

まとめ:ブログは正直に愛を込めて

 

ブログ集客は、万人に好かれようとするのが一番効果が出ないです。これは、わたしがこの6年間試行錯誤を続けてきた結果、ようやくわかったことです。

Facebookの投稿も同じです。実際、思い切り本音を書き込んだら、それに共感してくださった方から契約のオファーがありましたし。

 

「ブログの書き方講座」などでは、テンプレートを用意されてそれに当てはめるだけのツールを渡されることもあるようですが、それをするとみんな同じブログになります。

まずはセオリー通りにするのは良いと思うけれど、みんなと同じことをするといずれ埋もれてしまいますよ。

 

わたしだったらみんながしてない方法をするのになー。(へそ曲がりなのかもしれないけどww)

ブログの書き方

 

[adrotate group=”3″]

 

 

ブログを書いてる人

もち月りえ
もち月りえフリーランス
自分の可能性を広げるのがファッション。本当に着たいと思う服を着ること、辛口友達の意見も”ある程度”聞くこと、服を自分に寄せることが大事。
ピンタレストで心に響くものを集めるのを日課としている。月間閲覧数11k(2018年5月現在)