雑誌と同じコーディネートなんて、ファッション業界のカモになってるだけ

服は自分の一部である。服装=自分、つまりアイデンティティ。

となると「痩せて見えるから黒着とこ」とか「流行ってるからガウチョパンツチョイス」とか、そういう次元で服を選んでいいのか?

ましてや、ファッション誌に掲載されているコーディネートを丸っと真似するなんてイケてない。

 

自分と相手にふさわしい服を着る

好きと似合うは違う。

「似合わないのになあ」と思う服を選ぶ友だち、まわりにもいるでしょ?あら、もしかしたら私自身も似合わない服を着ているかもしれないww

でも、それが着たいんだから、好きなんだから、それで良いじゃないの。

本当に?本当にそれでいいのかなあ。

いくら好きな服を着て良いと言われても、大人である私たちはそうはいかないのでは?

訪れる場所や会う人の背景まで考えるのが大人の配慮では?それが真の大人のおしゃれなのだと思う。

 

会う相手が心地よく感じる服。相手と被らない服(当たり前)。言葉遣いや気遣いと同じように、服のコーディネートも相手のことを考えられる人こそ、真のおしゃれさんだと思うのだ。

雑誌の切り抜きみたいなファッションはおしゃれと言えない

アラフォーはみな雑誌STORYが提案するコーディネートのマネをする。

そして、最近はSTORY世代をとっくに超えたアラフィフまでSTORY的コーディネートだ。または、ブランド品をちりばめたただの高い人。

スリッポンなんて、はじめて見たときは「ドリフターズの運動靴」にしか見えなかった。(*注釈:8時ダヨ!全員集合!の体操の時間に履いていた。わかる人はわかると思う)

それをファッション紙のモデルが履いてるんだから、流行ってホントわからない。

その時、その場所、その相手、その上で自分に似合う、ふさわしい装いができる、おしゃれなおばあちゃんになりたいものよね。

雑誌と同じコーディネートなんて、ファッション業界のカモになってるだけ。

そうそう、この写真集おすすめ。

OVER60 Street Snap ―いくつになっても憧れの女性
Advanced Style–ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

ブログを書いてる人

sophia
sophiaフリーランス
Rie Mochizuki
1964年 東京生まれ下町育ち。
学生時代からアルバイト料やお給料をほとんどおしゃれに費やすほどファッションが好き。
50代の今は少しずつ断捨離しながら自分の好きなものだけで暮らすことを目指している。