十人十色という言葉があるように、好みや生き方は様々。

カラーセラピーというと、気になる色を選んで今の状況や悩みのヒントをもらうという形を思い浮かぶ人が多いと思う。

でも、わたしのセッションでは物理的な色のツールを使っていない。

色というのは、実際に目で見ているその色である、という証拠はない。

自分の内に秘めたイメージが色となって現れている場合もあるからだ。

こんな話があるのはご存知だろうか。

全盲の方でも色がわかると。

色を肌や心で感じることができる、ということのようだ。

色は、目で見るものではなく感じるものだと言われると、わたしは腹落ちするのだけれど、皆さんはどうだろう?

赤を見れば、熱い、温かいと感じたり、強い、激しいと感じるかもしれない。

では、青は??

冷たい、寒いと感じたり、冷静、静寂と感じたりするかもしれない。

また、同じものを見ていても、自分が見ている色と隣の誰かが見ている色は違うこともある。

同じ赤を見ても、感じていることは違う可能性があるのだ。

つまり、人が自分と同じように感じなくても、また、自分が他の人と同じように感じなくても良いということ。

わたしが思ったことを素直に書き綴っているこのブログにご訪問ありがとうございます。

ブログ一覧

仕事や人間関係に役立つ!カラーセラピストが教える虹の7色無料メール講座

メール講座を読むと、カラーセラピストが使っている色の意味を知ることが出来ます。
日常の様々な場面で自分のメンタルをサポートできるヒントを、色の意味を通してたっぷりお届けします。